屋根への施工方法

Construction technique

屋根への施工方法
トップページ > 住宅用太陽光発電システムのしくみ&メリット > 屋根への施工方法

屋根への施工方法
Installation

屋根の形状に合わせて最適なレイアウトをご提案

ベストな発電環境を作るため、それぞれの屋根に最適な配置、施工法で太陽電池モジュールを設置。熟練した認定技術者が作業します。

【システム構成表】(各システムのモジュール配置イメージは参考例です)

システム(太陽電池容量) 2.46kW 3.075kW 3.28kW
直並列数 4直列3並列、6直列2並列
4直列3並列、6直列2並列
5直列3並列
5直列3並列
4直列4並列
4直列4並列
太陽電池モジュール枚数 12枚 12枚 16枚
設置面積 15.3㎡ 19.1㎡ 20.4㎡
システム(太陽電池容量) 3.67kW 4.1kW 4.305kW
直並列数 6直列3並列
6直列3並列
5直列4並列
5直列4並列
7直列3並列
7直列3並列
太陽電池モジュール枚数 18枚 20枚 21枚
設置面積 23.0㎡ 25.5㎡ 26.8㎡

※205W、大阪真南30°(算出地域)
※1:年間予測発電量は、システムの容量、地域別日照条件、システムの各損失を考慮して、当社発電量シミュレーションにより算出して見込みの数値です。 実際にしようした時の出力(発電電力)は、日射量や設置条件(方位・角度・周辺環境)、地域差、及び温度条件により異なります。
※2:太陽光発電システムのCO2削減量効果は504.5g-CO2として算出。
平均的な一世帯のCO2年間排出量は550g-CO2/kWh×5,650kWh/年として算出。

建物やモジュールを傷めない最新の施工法
The latest construction methods

さまざまな種類の屋根や材質に対応し、すっきり美しく設置

環境に配慮した架台を使用し、熟練した技術者がどのようなタイプの建物にも最適な工法で施工します。

建物やモジュールを傷めない最新の施工法